オフィスビル群と青空

東京のバーチャルオフィスで自宅を非公開とするビジネスを始めよう

個人で小規模のビジネスを始めやすくなったものの、事業の場所として自宅をそのまま公開するとトラブルに巻き込まれる恐れがあります。東京のバーチャルオフィスで住所を借りて、自宅を秘密にしたまま事業を行うのがおすすめです。バーチャルオフィスは住所と郵便ポストを、個人名や会社名で利用できるサービスのため、商業ビルのテナントを借りるのと比べて格安になっています。契約手続きは簡単で、事業が上手くいかずに撤退したい時にも、月単位で解約できるケースが多いです。
東京で審査が厳しめのバーチャルオフィスならば、銀行のように社会的な信用がある事業者も入っている一等地の商業ビルを住所にできます。法人口座を開設したい場合には、過去に悪質な事業者が利用しておらず、なおかつ法人口座の実績が豊富なところを選びましょう。
自分のビジネスの種類や狙いによって、東京のどこにしたら良いのかが変わってきます。バーチャルオフィスなら東京の中で気に入った住所を安く借りられるので、複数のビジネスを展開する場合には、それぞれで事業拠点を使い分けるという選択も可能です。事業拠点のリスク分散をしておけば、たとえ1つのビジネスで失敗しても他のイメージに悪影響はありません。

最新の情報

最新記事一覧

Top