オフィスビル群と青空

バーチャルオフィスは東京で規模の大きな運営会社で選択しよう

バーチャルオフィスは住所利用を格安できるため、東京都内でも数千円で会社所在地とすることができます。しかし、バーチャルオフィスを選ぶ際に安さだけで選ぶのは避ける必要があります。東京都内で人気の地域の住所を利用していたものの、バーチャルオフィス運営会社が倒産、もしくは事業撤退というケースもあり得ます。その際、利用者側は法人登記の変更、ホームページの住所変更、各種契約内容の変更など大きな問題になります。
バーチャルオフィスを選ぶ際には、東京都内で長年事業運営を行う会社を選択し、月額料金が安すぎないことも条件になります。バーチャルオフィスといっても、実際にビルやオフィスが存在し、郵送物や電話転送、受付応対なども行われています。そのため、激安バーチャルオフィスの場合、事業運営を少ない資金で行うためサービス品質が悪いこともあります。また、利益ができないという問題も生じ、突然の事業停止という可能性もあります。ですが、長年同じ場所でバーチャルオフィスだけでなく、レンタルオフィスやシェアオフィスなどを運営している会社であれば、事業基盤も安定しサービス利用中に、住所利用ができなくなるというリスクを軽減することができます。また、利用審査も行われるため、悪徳業者に住所が利用され自社まで被害を受けるリスクも少なくなっています。

最新の情報

最新記事一覧

Top